借景の彫刻



    syhakkei



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



「彼方」

1989年制作。

「彼方とは、今 此処のこと」。

というようなことを考えていました。

境界領域。国境や狭間などについてを思っていました。街ではビルとビルの隙間の空間の展示を考えていたころ。

そそり立つモニュメントのようでは無く、低い平たいものをつくりたかった。

作品を観るのではなく、傍らで弁当を広げたくなるような作品。

当時読んでいた本のなかに、登場するティアというひとが踊る話。※

そういう話と重なった。

石の舞台です。

鉄材は、道。

たいまつが灯され、祭事が執り行われる。

彫刻は上空から見ると羽ばたき飛んでいる鳥の形に成っています。



遠景の山を思いながら、ゆるやかな斜面に配置しました。

背後の森や山には、古墳群があります。

静かで風景の美しい空間。周囲の草も四季折々変化します。

やがて鉄は朽ちて石の配置だけが残るだろう。ということを考えて作りました。奈良で酒石などをその数年まえに観ていたのでそのようなことをイメージしたのかも知れません。

背後の森でパフォーマンス作品「土の香り」を行いました。



写真には写っていませんが、舞台裏手に置いてある石にはアザラシの顔が線彫りしてあります。

その石は、近くを流れる揖保川からの物。石彫シンポジウムの開会式で矢を入れて半分に割った片割れ。

石のもう片方は、道標という別作品にしました。道標には、水を確かめる水槽が付いています。



この作品は、兵庫県播磨新宮、西播磨文化会館に現存します。



最近、グーグルアースで、この作品が確認できたのに驚きました。点のようにしか見えず、知ってる人にしかそれとは解らないと思いますが。

まさかほんとうに空から観れるとは思っていませんでした。





※その本は、ライアル・ワトソン「未知の贈り物」





     







    


2006.4.1 [2006年4月


     2006/04/01と同一の作品

     中央は石舞台

       ◇

       


2006.4.2 [2006年4月


   

     金目鯛と大根の煮付け



       ◇



        


2006.4.3 [2006年4月


      ◇

        


2006.4.4 [2006年4月


    the sky



これは、

いつも行く泉。

「泉に映った空の青を鼻ですくい取る方法を息子に教える父親と、それを見守る母親」

尊敬するピアニストへの出産のお祝い。

天使が空から降りてくるときに、背中からとれたふたつの羽根は、付録。







     ◇





子象の羽根は、id:ogata_toshi:20060521

  


2006.4.5 [2006年4月


     毛糸。絹糸。鉛。照明。てぐす。割り箸。アクリル絵の具。



     the scene/2005







◇◇



  

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

あるのかないのかわからないような舞台美術。

言われてよく観ると、あるようにも見える。

壁と同色の絹糸を天上から何本も吊す。

床すれすれに床と同色の小さな重りが付いている。

ダンサーは、細い糸の檻の背後に居る。

観客には見えないが、ダンサー自身は気になるらしい。気になることによって表現に集中する。



細い糸は黒いコスチュームに重なると、くっきりと美しい。



糸は公演後、ネックレスと成る。

小さな重りが、トップに付いている。









                





       



 


2006.4.6 [2006年4月


     person




2006.4.7 [2006年4月


      借景を別角度から





       ◇


2006.4.8 [2006年4月


    旅の準備



     with KATAYAMA TAKATOSHI





劇団、電気曲馬団「一千一秒物語」公演の為に作った飛行機。

エンジン部は、ボルト溶接で制作。プロペラは真鍮。

中心のプロペラは、ゴム動力で回転する。機体は木製、外版はアルミを釘止め。尾輪は貝殻。昇降舵などは全て可動式。参考機種はフォード・トライモーター。実機は二枚プロペラだが、三枚にして大きめに作る。

制作には、かなりの日数を要したが

本番で登場するのは5分間だけ。

舞台美術担当だけで3人も居る、贅沢?な劇団で、作品展覧会のような舞台を展開。

美術技師たちは、公演当日も装置を進化改良していた。












2006.4.9 [2006年4月


    水を確かめる



     美味しい水





     ◇  


2006.4.10 [2006年4月

 水の塔