ブログ
最新ブログ

     ◆
かいだんのあるピアノ
     ◆

2015-02-26_111218.jpg


2015.2.26 [2015年2月




2015-01-01_063752.jpg


2015.1.1 [2015年1月


小さな怒濤
部屋を駆ける 
  ◆
彫刻は
「小さくて大きい 大きくて小さい」
  ◆
ぼくは ちっぽけだ
  ◆

iso-2022-jp1412BMSA0JB7_BN3TB.jpg


2014.12.23 [2014年12月


ひつじ〜〜〜
  ◆

iso-2022-jp1412BMSBbNsB_BN3TB.jpg


2014.12.22 [2014年12月


友だちの勤務先、ここでネット接続してます
ヒーリングカフェ Lemon Tree
http://www.healingcafe.net/main.htm
    ◆
オムライス おいしい
    ◆

2014-11-29_155536.jpg


2014.12.1 [2014年12月


建物彫刻
  ◆
「作品」は その作品と愛し合う人のもとへと 旅だってゆく
  ◆

DSCN3205.JPG


2014.11.19 [2014年11月


彫刻家「藤井健仁」作品・展覧会開催中
川崎市「岡本太郎美術館」にて。
『TARO賞の作家Ⅱ」展覧会。
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html
   ◆
雨の生田緑地公園は空気が善くて、日本画みたいで 気持ちよかったです。そのような立地も含めて 太郎美術館は、「いい美術館だな」とおもいました。
   ◆
藤井さんの作品展示は、とてもよかったです。
それは、ぼく自身の嗜好とも重なるからであるのだけど。

ぼくは、アイデアをそのまま具現化するアーティストよりも、思考を重ねて自覚的に作品化するアーティスト(創作家)が、好きです。まあ、そのようなアーティストは、考えまくってドロドロに煮詰まって閉塞してしまう場合もあるわけですが、そういうリスクは当然のこととして受容しつつ、それでもなお自分の世界観を創り育んでゆこうとしてる作家が、ぼくはやっぱり好きなわけです。

あと、ぼくは「アカデミック」な基盤を忘れない(あるいは問うている)作家が好きです。もちろんアートは、いくら偏向しても、いくら欠落しても、どれほどぶっ飛んでもいいのですが…、「アカデミック」を 常に心のどこかで視ている作家が おもしろい。

あとは、だれでもできる手法技術で「自分にしか成せない表現(世界観)を提示」している作家が好きです。とてもフェアだと思います。
まぁ、溶接や鍛造技術は、美大彫刻科に在籍してれば、「だれでもできる」方法だとおもいます。しかし、じゃあ「藤井健仁のような彫刻を創っていいよ」と言っても、現存現役の彫刻家のだれひとり成せないでしょう?
希有な仕事だとおもいます。

今回の展示は、全国各地にコレクションされている「藤井健仁彫刻作品」が、会場に集結しているので、ひとりの彫刻家の多年思考推移を視覚的に体感できる「活きた懐古空間」が立ち現れているとおもいます。
過去作品を展示しつつ、しかも鮮度の高い空間を演出しているということは 素晴らしいことだとおもいました。
   ◆
先日のトークイベントでは、「吉田所長」を創るという お話もありました。
   ◆
同時開催中の、岡本太郎氏が訪れた沖縄についての展覧会もおもしろいです。
岡本太郎作品もおもしろいですが、久高島の「イザイホー」動画映像(1966年)が貴重必見。
   ◆


2014.11.3 [2014年11月


建物彫刻  ◆「作品」は その作品と愛し合う人のもとへと 旅だってゆく  ◆


2014.11.2 [2014年11月


みました。
すばらしかったです。
  ◆

20141023000742


2014.10.23 [2014年10月


みました。
すばらしかったです。
  ◆


2014.10.23 [2014年10月

「未」